■小須戸ARTプロジェクト2016

 信濃川舟運で栄えた蒲原平野の在郷町としての歴史を持つ小須戸の町。舟運の衰退により時代に取り残された一方で、近年は開発を免れた新潟県下有数の町屋の町並みが注目され、町屋を改装した店舗の出店が相次ぐなど、注目を集めつつあります。

 プロジェクトでは、こうした動きの一層の進展を目指し、当団体が管理・運営する「町屋ギャラリー薩摩屋」を中心に、地域に点在する町屋や店舗をつなぐ媒介として現代アートを活用します。プロジェクトを通して、作家、住民、来訪者間での新たなネットワークの構築、アートによる地域の価値を再発見・再認識・情報発信の機会を設けます。また、2 年後に開催が想定される“ 水と土の芸術祭2018” を一つの目標に、作家との交流や出会いの機会を継続していきます。

 

〇小須戸(新潟市)でのAIR・WS

 滞在制作期間:2016年8月22日~9月16日

 展示公開期間:2016年9月17日~10月10日

 会場:町屋ギャラリー薩摩屋のほか、小須戸本町通り周辺野町屋や店舗等

 

〇京都で小須戸

 共催企画“FEEL KYOTO 2016”に参画し、過去に小須戸に関わった作家による作品展示、ワークショップ、トークイベントなどを行います。

 開催期間:年間事業 メイン期間は2016年8月~10月上旬

 

〇東京で小須戸

 小須戸AIR参加作家によるアーカイブ展示“東京で小須戸”展を開催します。

 会期:2016年11月18日~27日の金・土・日(予定)

 会場:S.Y.P


■参加作家の公募を行います(応募は締め切りました)

 小須戸本町通りに滞在し、作品を制作する参加作家の公募を行います。多くの皆さまからのご応募、お待ちしています。

<応募書類等>

■募集要項         pdf

■応募申請書       word / pdf

■展示会場候補紹介   展示会場候補紹介webページを公開しました(6月18日)

※5月29 日(日)、6 月4 日(土)どちらも午後1 時から会場下見会を行います。事前申し込みは不要です。当日町屋ギャラリー薩摩屋へお越しください。(参加の有無は選考には影響しません。交通費等の経費は参加者の自己負担となります。)

<参考情報>

■2014年実施事業「小須戸ARTプロジェクト2014」展示会場

■2015年実施事業「小須戸ARTプロジェクト2015」展示会場

 

<応募方法等>

■応募期間  2016年5月1日~6月30日(〆切必着)

■応募方法  郵送のみ 送付先 〒956-0101 新潟市秋葉区小須戸120-1  小須戸まちづくりセンター 宛

■問合せ   satsumaya(at)mail.117.cx

※(at)を@に変換してください。上記電子メールのみでの対応となります。

 

<応募に向けた参考情報>

■過去の開催イベント

〇薩摩屋ART プロジェクト特設ページ

〇みずつち文化創造2014 市民プロジェクト 小須戸ART プロジェクト2014

〇水と土の芸術祭2015 市民プロジェクト 小須戸ART プロジェクト2015

〇水と土の芸術祭2015 市民プロジェクト 小須戸縞の記憶をつなぐプロジェクト

 

■地域情報

〇町屋ギャラリー薩摩屋

〇町屋ギャラリー薩摩屋facebook ページ

〇小須戸町並み景観まちづくり研究会

 

関連イベントの情報等

〇ASAHI ART FESTIVAL 2016

〇水と土の文化創造都市

〇FEEL KYOTO 2016

〇S.Y.P


■実施体制

■主催:小須戸コミュニティ協議会

■共催:FEEL KYOTO 2016

■協力:各展示会場

■特別協賛:アサヒビール株式会社

■助成:公益財団法人 アサヒグループ芸術文化財団

※当プロジェクトはAAF2016 参加プロジェクトです。また、“ 水と土の文化創造都市 市民プロジェクト2016”として、新潟市の補助を受けて実施します。


inserted by FC2 system