お問い合わせはメールにて

まで

町屋見学

開館中は、小須戸の町屋の造りを見学することができます。解説をご希望される方は、スタッフにお気軽にお声掛けください。

ギャラリー(旧店舗)

かつて酒屋を営んでいた頃の店舗部分をギャラリーとして活用しています。町屋の造りとしては、店、茶の間と2部屋を一室として利用していたようです。

店舗営業時の内装は緑色で、展示に使いづらい部分があったことから、2015年に住民の手で天井・壁面の塗装、床の張り替えを行いました。

居間

ギャラリーの奥に続く居間は、町屋の風情を残した一室です。

神棚と仏壇が配置されており、上部は吹き抜けとなっています。これは、神棚の上を踏むことを避けるため、神棚の上に2階を作らなかったためです。

通り土間

一列に並んだ部屋をつなぐ、細長い町屋の土間です。

他地域の町屋の場合、土間は真っ直ぐであることが多いのですが、小須戸の町屋の土間は途中で折れ曲がっています。折れ曲がった部分は、台所やお風呂場などとして利用されており、薩摩屋でもその様子を確認できます。

前庭・中庭

町屋には通風や採光のために庭が設けられています。京都では「坪庭」等と呼ばれます。

小須戸の町屋の庭は雪下ろしのスペースとして使われていたようで、他の町と比べてかなり広いため、庭としての見ごたえがあります。

納屋

通り土間の奥、昔は物置などとして使われていた空間です。現在も酒屋を営んでいた頃の名残や、その前の商いの様子、古い建具や小道具等が置かれており、また一部は昔のままの土間が残っています。

二階座敷・寝間

座敷は家の中で最も大事な部屋で、客をもてなす部屋とされています。そのため、町屋の中で最も豪華な部屋になっています。

小須戸の町屋では通りに面した二階が座敷となっており、喧嘩まつりの時期に客を招いて、祭の様子を二階から見せたこともあったそうです。

薩摩屋では座敷の手前に寝間と呼ばれる部屋が続いています。

 

inserted by FC2 system